business card

相手に自分の顔を覚えてもらえるような名刺作成をしよう

顔を覚えてもらえる名刺を作る

名刺交換

「名刺」を制作するときに大切なのはデザインです。オリジナリティー溢れるデザインで、顔と名前を覚えてもらいましょう。カラー数が増えていくと「制作費用」もその分高くなりますが、まわりと差をつけるならおもいっきり目立ちたいものです。きらびやかなデザイン、目を引くネオンカラーをふんだんに使いましょう。しかし、派手にし過ぎて名前を覚えてもらえないようでは意味がありません。名前は大きく入れましょう。
また、ふりがなも忘れてはなりません。はっきりとした文字で入れましょう。個人情報をどこまで載せて良いのか、考えてしまう人も多いのではないでしょうか。趣味や好きな食べ物などありますが、差し支えない程度に入れましょう。いろいろな情報を載せ過ぎてしまうと、もはや名刺ではありません。シンプルに自己紹介をすることが名刺の目標です。簡潔に重要なことだけを入れましょう。顔写真入りを制作するのは、名前と顔が一致するのがメリットです。ただ、個人情報としては不安もあります。顔を入れて覚えてもらいたいけど不安もある、そんなときは、似顔絵を入れると良いでしょう。プロに依頼する方法もありますが、自分で自画像を描くのも良い方法です。

最新記事一覧

TOP